リフォームローンの審査内容は厳しい?借りやすさは?

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査基準が厳しめになっているようです。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちしその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンで融資が受けられる商品です。

2016年10月からは新商品であるフラット35リノベが登場しました。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は0.6%の金利引き下げが受けられることになります。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

リフォームローンの一体型について紹介します。

平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

リフォームローンというものは住宅ローンよりも金利が高いため一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォームの業者さんも探さなければいけません。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税を控除することができます。

申告することによってその年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンを探すオススメの方法として体験談が掲載されたランキングサイトを利用するのが簡単です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンを選ぶことで金利を低く抑えることができますよ!残念ながらリフォームローンに落ちたという人はその原因を丁寧に分析することが大切です。

審査に通らなかった要因は希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があった可能性もあります。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらの残債をきちんと整理することが審査に受かる第一歩となります。

最近話題のアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利に関しましては7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保・保証人が必要ありませんので小規模なリフォームでの利用が適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンが余った場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、いくらか多めに上乗せ融資をしたらどうかと勧めてくることがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資可能金額は50万円以上1 000万円以内となっており、返済回数は12回(1年)から420回(35年)となっています。審査内容や駆りやすさについても調べることはできます。

参考:リフォームローンの審査内容と借りやすさは?【審査通りやすい銀行は?】

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険を付けるプランを利用することもできます。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれのプランごとに基準金利と事務手数料が決まっています。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利に関しては長期借入の方が低金利になりますから無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

比較的手軽に利用できるリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地などの担保がいらないので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは規模が小さめのリフォームだと言えるでしょう。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンを利用するに当たりいくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

ですが、住宅ローンと比べると借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

返済に無理のない借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは24時間、365日仮受付可能という「Webリフォームローン仮受付」がとても便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのローンは完済時まで固定金利が適用されるのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

ローンを申請する際の注意点として、仮受付の申し込み時にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHP上に設置されています。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると該当するHPが複数ヒットします。

返済期間や借入希望額を入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報を登録することはないので安心して利用することができます。

返済額の計算は難解ですから折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

リフォームローン審査の内容というものをご存知ですか?リフォームローン審査の内容とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

減税の対象となるリフォーム工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超えた場合にのみ適用されるというものです。

減税申請する申請者についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

また減税の申請は自己申告制なので確定申告を行わなければ適用されません。