皮膚科で買えるシミ取りクリームって?

以前、肝斑が気になって皮膚科に行きました。
その時ついでに頬骨のあたりにできた1センチほどの大きさのシミについても相談してみたところ、先生からシミ取りクリームをすすめられました。
病院で作っているクリームで保険は聞かないけれど、市販の化粧品では買うことが出来ない、高濃度のハイドロキノン配合のクリームです。
ハイドロキノンは皮膚の漂白剤とも言われるシミには最強の成分。
これを毎晩お風呂上がりにシミの部分のみに塗ります。
もちろん朝使用しても良いのですが、ハイドロキノンを塗布したところは日光に当たると良くない(光毒性がある)ためSPF50以上の日焼け止めが必要になります。
私は日焼け止めをこまめに塗りなおす自信がなかったので夜間だけの使用にしました。
最初の2日は特に変化なし、3日目からうっすらと赤みが出てきました。
そして薄いかさぶたのようになり、皮膚の再生によってそれが剥がれると、シミが薄くなっていきます。
1回のターンオーバーでは消えるところまでいきませんが地道に続けることで少しずつ薄くなっていきました。
もちろんお肌が弱い人はひどい肌荒れになってしまうこともあるので、パッチテストは必須だと思いますが、手軽に出来るシミのケアとしてはとてもおすすめですね。
ビーグレンの口コミ評判