年会費無料でETCカードを作る方法とは?注目のクレジットカード

最近ETCカードを作ろうと思って調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで支払い可能ということです。

車載器が設置されていない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや様々なETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

就職や転勤などを理由に大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな方の多くは年会費無料のETCカードを所持していると思います。

カードの解約を考える方が多いと思います。

クレカと両方とも解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなど各カード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分が認識できないように真二つにハサミを入れ、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレジットカード会社が発行しているETCカードで高速道路を利用するだけでもポイントが付与されるのを知っていますか?例えば楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

付与率に関してはETCでもクレジットカードと同率で付与されるカードもありますが、基本的にはETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方は還元率の面から選ぶのもいいかもしれません。

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前高速道路を利用しようと年会費無料のETCカードを探しても財布の中から見つからなかったんです。

その後自宅に帰ってから改めて探しても見つからず気づかぬうちに失くしてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をする必要があると思い、紛失盗難デスクに連絡をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行手数料はかかってしまいますが連絡をしてから1から2週間程度で新しいカードが届きました。

このように紛失などの予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少し疑問に思ったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになるなどスペースの制約がある「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

自動車免許を取得して友達と車で遠くへ出かける際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで支払いにもたついて渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば料金所渋滞に悩まずに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを申し込む必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・年会費無料のETCカードを探してみてください。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

それは「ETCカードを利用して給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

基本的にと書いた理由としては、クレジットカード機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どの会社で申し込めばクレジットカード機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレジットカード一体型が多いようです。

クレジットカード一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレジットカード決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

プライベート用やビジネス用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じように明細が必要になります。

クレジットカードでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトでまとめて過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひ年会費無料のETCカードを利用しましょう。

ここでは年会費無料のETCカードの作り方を簡単に説明します。

参照:http://www.letteringguru.com/ETC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E5%B9%B4%E4%BC%9A%E8%B2%BB%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81/

カードの入手方法は大きく2つに分類されます。

各カード会社から発行しているクレジットカードタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレジットカードタイプの場合は申し込みと同時に発行、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近年会費無料のETCカードを作ろうと思って検索したところカードを発行する会社によってガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどのお得な特典がつくカードもあるようです。

楽天カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方はこのように給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

クレジットカードなどのように申し込みをして取得するものになります。

一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もしクレジットカードを持っていてETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレジットカードを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額(4万円前後が多い)を補償金として預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできればクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってクレジットカードを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

車の免許を取ったばかりの方の中には年会費無料のETCカードを作っていないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

ETC制度の仕組みとしては他人名義のカードでも利用はできますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレジットカードともカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の第三者が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどういった違いやメリットがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大きく分けて3種類に分類され、1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなど条件付きで無料になるタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプがあります。

発行日が有料の場合、更新費も有料のカードが多い代わりに発行費が有料だったら更新費も有料、無料だったら更新費も無料になっていることが多いです。

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンの普通車料金が3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、元のクレジットカード次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。