プロミスは借りても心配ない?審査の悩みとは?

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

各消費者金融のプロミス業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融のプロミス業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融のプロミスを初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融のプロミスが提供しているプロミスのカードローンの2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングの方が銀行プロミスのカードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

通常、消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融のプロミスの場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融のプロミスに借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はありません。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融のプロミス業者なのです。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とする消費者金融のプロミスの方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融のプロミスというと闇金ウシジマくんのようなものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがプロミスのカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。ですから迷ったときでも借りやすい借り手も大丈夫なローンなのです。

参考:プロミス借りても大丈夫?【実際に借りてみた私の感想】

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

その一方で、プロミスのカードローンやクレカなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためプロミスのカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

現在の消費者金融のプロミスのイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融のプロミスは借りる時は簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は消費者金融のプロミスも法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行プロミスのカードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料だったりするので、銀行プロミスのカードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融のプロミスもたくさんあるので女性でも安心して借りやすいと評判です。

人気が高いプロミスなど消費者金融の評価ポイントは金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融のプロミスは総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれの消費者金融のプロミスも審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

お金を出資してくれるプロミスなど消費者金融は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレカ会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のプロミスのメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融のプロミスは貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されプロミスのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

消費者金融のプロミスのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

ですが、プロミスのカードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

銀行以外だと消費者金融のプロミスやクレカ等があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近年は銀行でもプロミスのカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で銀行と消費者金融のプロミスの金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概に消費者金融のほうが金利が高いとは言えません。