大学院卒の求人状況について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

イメージ画像

大学院卒の求人状況

就職に関して言えば、大学院卒の求人ナビほど明暗を分けるケースは無いといっても良いほど大きな差があります。

では大学院卒の何が明暗を分けるのかといえば文系の大学院卒と理系の大学院卒を比較した場合です。

高校から大学に進学する時点では、将来自分が就くべき職業の分岐点に立つといったイメージで理系と文系を区別している人が多いと思います。

しかし実際に就職する時点では、理系と文系では捉え方に微妙なニュアンスの差があります。

それは理系の学生が職業の内容の違いをひじょうに強く意識しているのに対して、文系の学生は会社の選択で悩んでいる場合が多いということです。

つまり極端な言い方をすれば文系の場合は、仕事の内容は、営業であっても、企画であっても、経理であっても関係が無くA社に入るかB社に入るかの方が重要であるということです。

さて大学院卒の求人ナビでは、このような理系と文系の違いが求人の差となって出てくるので要注意です。

文系の大学院卒の場合、一般的に求人状況は極めて過酷なものとなるケースが多くなります。

実際には4年生の文系卒と同程度の待遇であれば選択肢はかなりあると言えますが、それではわざわざ大学院に進んだ意味が無いとしてこだわりを持つ学生が多いためです。

経済系であればそれでもそれなりに金融機関などからの引き合いがありますが、文学などを専攻している場合は、出版関係などの景気が冷え込んでいるため需要はひじょうに限られてしまいます。

文系に対して理系の大学院卒では求人状況はまったく異なります。

理系の場合はまずメーカーからの引き合いが多数を占めますが、学生の方でもメーカーに就職することを望んでおり、いわば相思相愛的な関係にあり、ひじょうに高い確率で就職に成功しています。

またこれは文系・理系に共通して言えることですが、大学が都市部に近いほど求人状況は良くなります。

これは各企業の人事担当者があまり多くの大学を回ることができないため、どうしても都市部に近いほど有利となってしまうのです。

大学院卒でも重宝される求人のまとめ